ほっこり、つれづれ

おすすめしたいものを紹介します、時々ほっこりエピソード

「お客様、こちらはお客様には違うと思います」を言える優しさ

こんばんは。夕方ちらちら雪?あられ?が降ってきましたね。

風もあったからほんと寒かった...

 

みなさん、服を買うときお店の人と話して決める派ですか?

男性は「これだ!」と自分で決めて、店員さんに聞く内容は「他の色があるか、またはサイズの展開」だったりして決めること自体に時間をかけない人が多いようですが

 

女性は、「これ、人気ですか?」とか「こんな服持ってるんだけど、合う服ある?」など店員さんに聞く内容は「買う服を決める助言」である人が多いように思います。

 

そんな私も、服の買い物をするときは店員さんに助言をもらう派です。

 

「あっ、これ可愛い!」と思っても着てみるといまいちだったり、自分で選ぶと無難なものばかり選んでしまったり。

ファッションに全く無頓着ってわけじゃないけど、雑誌とかでかなり研究しているわけでもない。可愛い服を着たいんだけど、モデルさんが着て可愛い服じゃなくて自分が着て可愛い服を着たい。そう思う方多いんじゃないでしょうか・

 

美容院で髪型をリクエストするときと同じように、自分の好みを相手に分かってもらうのって難しい。

自分の好みを明確に伝えるのも難しいんですよね、分かってもらうのもそうだけど。

 

私は今まで固定のお店で服を買うタイプではなかったのですが、大学に入ってからあるお店に出会って、シーズンごとに通うようになりました。

 

そこの店員さんはいい意味で正直に言ってくれるんですよね。

似合わないと思う服を「これどうかな?」といったときには、はっきり「お客様、こちらはお客様には違うと思います。」と言ってくれるし。

 

大抵店員さんって「お似合いです」って言ってくれるじゃないですか。でも何で店員さんに相談してるかって言ったら良い買い物をしたいからなんですよね。

 

お世辞を言って欲しいわけじゃない。ファッションのセンスが自分よりあると思っているからその目線でアドバイスが欲しいし、今見ているもの以外に私のニーズを満たしてくれる服があるなら勧めて欲しいわけです。

 

だから似合ってないなって思う時には、ちゃんと似合ってないって言って欲しい。

 

だって、お世辞でも「似合ってますよ」って言われたら嬉しいじゃないですか。そうなのかな?と思って買ったけど、やっぱり気に入らなくて着なくなっちゃったらもったいないですよね?

 

今日もそのお店に行ってきたのですが、たまたま前に自分の相手をしてくれた店員さんがいて、しかも私のことを覚えてくれていたんです。前に行ったのは冬服買いにいった時だったから4か月くらい前なんですよね。なんか嬉しいな。

 

前に買った服も覚えてくれていて、「あれが好みだったらこちらなんかどうですか?」とか。会話がスムーズに進みます。

 

その人だけじゃなくて、いつ行ってもそこの店員さんは話しやすくて気持ちよく買い物ができるんですよね。他の店舗もあるけど、私は絶対その店舗に足を運びます。

 

みなさんは、お店固定派ですか?

ネットショッピングも手軽でいいけど、私はお店で店員さんと一緒に選びたいな。

服というモノを買いに行っているけど、店員さんとのコミュニケーションも楽しみに行ってるんですよね。美容院に行くときも、髪を切りに行っているけど、美容師さんとのコミュニケーションやお店の空間に価値を感じていたり。

 

人×人だからある暖かさ。この先そこはロボットとかに置き換わらないで欲しいです。